実は、安い電話番号認証プロバイダーに払いすぎていませんか?

電話番号認証のコストとは何でしょうか?

RingCaptchaは、料金だけで考えると一番安い、SMS/音声、電話番号認証プロバイダーではありません。
ですが、私たちが提供するサービスの価値(顧客生涯価値(LTV)、不正防止機能、メンテナンスコスト)を考えた場合、一番安いプロバイダーと言えます。

顧客生涯価値(LTV)

顧客生涯価値(LTV)は、顧客1人が顧客ライフサイクル全期間で、その顧客が企業にもたらした価値の総計のことです。

顧客を獲得維持するためのコストと、顧客の購買額との差額が価値になります。LTVは、一回の電話番号ワンタイムパスワードのコスト以上の利益をおなたにもたらします。

OTPコストは、潜在顧客を一般的な電話番号認証プロセスによって失わないために必要なコストです。

RingCaptchaは、電話番号認証による高いコンバージョン率を確保する事を得意としています。

電話番号認証において、最初から最後まで顧客の離脱を防ぐプロセスを提供しています。
例、UI,プロバイダー・ルート フォールバック、自動再送OTP、AIアシスタント、カスタマーサポート管理画面、
発生し得る問題(SMS未到達、顧客のエラー)を解決します。これらの問題は、電話番号認証プロセスを完了させ潜在顧客を獲得する上での問題になります。

ここで、RingCaptchaのシングル電話番号認証APIを一般的な電話番号認証プロバイダーと比べて見ましょう。

 

普通の電話番号検証プロバイダの場合、OTPの送信を試み、SMSが顧客に到達したかのみ報告します。顧客がOTPを入力し電話番号認証を完了させたかどうか?そして、電話番号認証のコンバージョン率を向上させる機能はありません。

RingCaptchaは、電話番号認証のベストプラクティスをUIやSDKに組み込んでいます。
これらはWebサイトやモバイルappに適応しています。例えば、BlinkはAndroidタッチフリー技術で、顧客の操作を必要としない、短い秒単位の呼び出しだけで電話番号を認証します。このUIの強化により、顧客が間違ったOTPを入力したり、OTPの使用を忘れたりする可能性を排除します。電話確認プロセスを完了させます。

RingCaptchaは、複数のサイトから実行されるインフラストラクチャを備えた高可用性サービスであり、SMS /音声OTPを直接取引関係を持つ10社以上のプロバイダに送信出来ます。 これにより、任意のプロバイダまたはキャリアによ障害が発生した際にも他のプロバイダ、キャリアを使用してSMS/音声OTPは顧客に到達する事が保証されています。

さらには、RingCaptchaはユーザーが電話番号認証を完了しなかった場合、自動的に、OTPを異なるプロバイダ、キャリアから再送します。

OTP再送でもユーザーが電話番号認証を完了しなかった場合、AIアシスタンがユーザーに電話をし、いくつかの質問と何故電話番号認証を完了しなかったのかを尋ねます。そして助けが必要であれば、カスタマーサポートにユーザーに助けが必要だと知らせます。

最後に、カスタマーサポートが電話番号認証管理画面にアクセスし、リアルタイムにどのユーザーに助けが必要か、何が問題かを確認でき、問題に対処できます。

不正利用のコスト

あなたのサービスが大きくなっていくと、悪意のあるユーザーや不可解な攻撃者の注意を引いてしまいます。
悪意のあるユーザーは、割引やインセンティブを何度も得ようとし、健全なコミュニティー育成の阻害やあなたの利益を減らします。不可解な攻撃者は、電話番号認証のOTPを何度もリクエストして、電話番号認証コストを上げます。この事は攻撃者にとって何も利益がありません。

RingCaptchaのAPIに電話番号認証をリクエストすると、上記のコンバージョン率の最適化機能のほかに、不正防止機能も備えています。 ダイナミックブラックリスターは、脅威レベルの高いスコアを持つ電話番号からのOTPリクエストをブロックします。脅威レベルのスコアリングシステムへ下記の情報をフィードバックしています。
50以上の電話番号データポイント、
30以上のオープンSMSサイト、
電話番号認証コンバージョン率を監視しています。

不正利用防止機能が無い他の安い電話番号認証サービスを使用すると、このような悪意のあるユーザーや不可解な攻撃者によって電話番号認証コストが想定以上に上昇してしまいます。

メンテナンスコスト

このブログを読んで、電話番号認証のコンバージョン率、不正防止機能が、あなたのサービスに必要だと確信したら、
RingCaptchaのコストパフォーマンスが低いと思ったはずです。
または、追加のサービスを使ってあなたの「安い」電話認証プロバイダが足りない部分を補完すれば良いと考えたかもしれません。しかしもう一度、使用する上での人的、金銭的なメンテナンスコストについて考えてみて下さい。

RingCaptchaと同じフォールバックプロセスを実装する場合、複数のSMSプロバイダーや携帯キャリアにアカウントを登録し更新していかなくてはなりません。そして、そのプロバイダー事のAPIエンドポイントにリクエストを送るようなコードをそれぞれに実装しなかればなりません。不正利用防止の為に、それぞれの不正利用に特化したセキュリティー企業と契約しトランザクションを常に監視し続けなければなりません。

そして、特定のプロバイダーやキャリアで問題が発生した場合、すぐにそれに気づき、正常な代替のルートを探して切り替えなければならない問題に直面します。

上記の事は、安い電話番号認証を使用しサービスを運営する上で直面する問題の一つです。

まとめ

あなたの「安い」電話番号認証サービスは、ビジネスを運営していく視点で考えると、顧客生涯価値(LTV)、不正防止機能、メンテナンスコストの点で、安い電話番号認証では無い事に気づきましたでしょうか。

お気軽に、こちらのRingCaptchaリンクから右下の吹き出しマークからライブチャットで電話番号認証の専門家にわからない事や心配事を相談して下さい。